2018年06月24日

運動負荷量について

ラピオンリハビリセンターです。



運動の負荷量について書きます。



筋力を高めるために運動の負荷量を挙げる、

という行為があります!



少し専門的な話ですが、

1回が限界の負荷量を1RMといいます。

10回が限界の負荷量を10RMといいます。



スポーツ界では10RMが良いと言われてきたため、

昔はそれをリハビリ界でも使っていました。



結論から言うとそのやり方を高齢者のリハビリではあまりやりません。



若者と高齢者は体組成、代謝、神経伝達などが異なります。



体な筋肉は大きく二つに分けると、

遅筋(インナー、疲れにくい、安定に寄与)

速筋(アウター、疲れやすい、スピードに寄与)

に分かれます。



老化に伴い両者ともに低下しますが、

主に生活に必要な筋肉は安定と持久性に必要は遅筋になります。



よって、遅筋を鍛える事が動作の安定に必要です!




それらを踏まえると、

近年は負荷量より回数の方が重要だと言われております!



そして負荷量は1RMの10%くらいで十分だと言われています!



逆に負荷量を上げすぎると、

速筋が優位に活動してしまうために、

持久性や安定性の向上が乏しくなります。



遅筋は、

ゆっくり

低負荷

で働きやすく、

さらに良い姿勢で行うことで促せます!



これらを加味して当センターでは運動を指導しております(^^)


ラピオンリハビリセンター


posted by モリノキリハビリ at 18:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

認知症に関する動向

ラピオンリハビリセンターです。

認知症の人数は年々増加傾向にあります!

これは日本だけでなく世界的な流れです。


前日フランスでは抗認知症薬が保険外になるというニュースがありました。


また、
大手製薬会社では抗認知症薬の開発を止める流れがあります。


今後も研究は進むと思いますが、
治療よりもケアに力を入れよう、
という流れになるかもしれません!



認知症は行動心理症状(周辺症状)に対する対応が難しいとされていますが、
当事業所でも日々対応を話し合っています(^^)


正解がないので、
個別に見ていく事が必要ですね!
ラピオンリハビリセンターホームページ



posted by モリノキリハビリ at 09:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

睡眠時、寝返りしてますか?

ラピオンリハビリセンター梶原です。


我々は寝ている時に無意識に20分に一度寝返りをしていると言われています!


寝返りを行う事で姿勢の変換を行い、血行不良を予防しています!


寝返りが出来ない人は寝ている間に血行が悪くなっている可能性があります。


朝方の腰痛は寝返りが出来ない人か、
内蔵の不調が原因でしょう!


寝返りが出来ない要因は、身体機能の問題が大きいですが、
もう一つは

マットレス

の影響を無視できません!
41E7C4EE-8883-452D-B581-1CD5F1827964.jpg




柔らかすぎると寝返りしにくい為、
少し硬い方が良いです!


ただし寝返りが全くできない人に対して硬いものをチョイスすると、
床ずれができる可能性があるので注意が必要です!


寝返りができる方には硬めが良いですね!

posted by モリノキリハビリ at 14:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする