2018年07月21日

背骨の弯曲の役割

ラピオンリハビリセンターです。


背骨は一般的には弯曲しています。



首、
胸、
腰、
の3箇所で弯曲があります。



その弯曲は発達とともに構築されます。


胸の弯曲はもともとあり、
首が座る時期に首の弯曲、
つかまり立ちの時期に腰の弯曲ができます。



3箇所の弯曲があることで、
衝撃に対する干渉作用(強度)が変わります。



弯曲0と比べると弯曲3は10倍も強度が変わります!

567BF0F3-C364-4164-A5FC-CFB2F5117F5A.jpg


なんらかの原因で弯曲がなくなってきますが、
この弯曲が維持できるようにしていくのが良いですね(^^)


posted by モリノキリハビリ at 20:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする