2019年01月19日

片麻痺とは?

ラピオンリハビリセンターです!

脳卒中片麻痺という言葉について。


脳卒中とは
脳の血管の異常による病気の事で、
1.脳梗塞
2.脳出血
3.くも膜下出血
の総称を言います。


頭部外傷や脳腫瘍は、脳卒中とは言いませんが、症状は似ています!


症状
片麻痺(運動麻痺、感覚麻痺、高次脳機能障害)


片麻痺とは
では、ここから本題です!

片麻痺は右手右足の麻痺、
もしくは
左手左足の麻痺、
のことを指します。


原因は、
右の脳からの神経の多くが左側の手や足を支配し、
左の脳からの神経の多くが右側の手や足を支配している為、
片側の症状が強く出ます!


しかし、
右の脳からの神経は右側も支配しているし、
左の脳からの神経は左側も支配しているんです!



そして、
体幹に関して右の脳と左の脳共に、両側支配しています!



つまり、
片側が著明に麻痺しているように見えますが、他側も麻痺します!


ということで、
片麻痺というのは厳密には無いです。


しかし、麻痺の強い側を把握するために便宜上使用するのは良いと思います!


結語
脳卒中で片側だけが麻痺になることはほとんどない!
両側の手足、体幹全て筋力低下と感覚鈍麻が起こる事が多い。

※ほとんど運動麻痺はなく、高次脳機能障害のみの場合もあります。

posted by モリノキリハビリ at 19:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

パーキンソン病について

ラピオンリハビリセンターです!

昨日、パーキンソン病の勉強会を行いました!


●症状
●転倒対策
●アプローチ

などをお話ししました!


とにかくパーキンソン病は、全身病なので多角的に見る必要があります!


10分強の動画なので、よければご覧下さい!


動画はこちら
↓    ↓    ↓

posted by モリノキリハビリ at 14:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

コミュニケーションスキル〜VAKモデル〜

ラピオンリハビリセンターのブログへようこそ❗️


本日のお題はコミュニケーションです!

医学界、介護界だけでなく、
社会生活で重要なテーマですよね!



NLP(神経言語プログラミング)というコミュニケーション学問があります!


そこで言われているものですが、
VAKモデル
という考え方があります。

V:視覚
A:聴覚
K:体性感覚


視覚優位の方の特徴は、 
目線は上方に向く傾向があり、
言語に関しては「~話が見えてこない」など視覚に関する言語表現を用いるそうです。


聴覚優位の方の特徴は、 
目線は横左右に向く傾向があり、
言語に関しては、「~ように聞こえる」など聴覚に関する言語表現を用いるそうです。


体性感覚優位の方の特徴は、 
目線は下方に向く傾向があり、
言語に関しては、「~のように感じられる」など身体感覚に関する言語表現を用いるそうです。


まずは、
自分が優位に使っているもの
を考えた上で
相手が優位に使っているもの、
を考えてみると良いと思います❗️


相手の優位な感覚を使って会話をすると、通じやすいと言われています!



コミュニケーションスキルにはたーーーくさんのノウハウがありますが、
今回はその一つのVAKモデルをお伝えしました!


参考までに。
posted by モリノキリハビリ at 20:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする