2018年08月04日

ゆっくり動いた方が安全?

ラピオンリハビリセンターです。

運動場面やリハビリ場面で、
ゆっくり歩いたり、ゆっくり立つ事が安定すると思っている人がいますが、
これは間違いです!


ゆっくり立つ、ゆっくり歩く時の方が、
不安定になる為、筋力を必要とします!



はるか昔にニュートンが、
F=ma
という式をあみだしました!
F=力、m=質量、a=加速度
6061A3B4-CADF-466D-A2AE-05826577C1B0.jpg


つまり、
加速した方が力が出る、
ということです!


早く立つ、早く歩く方が力が出るので、結果的に安定します!



これは介助の時も応用できる考え方で、
早く動かした方が介助する側が楽です^ ^


逆にいえば、
ゆっくり動かした時の方が筋力を必要とするので、筋トレには良い、といえます!

ニュートンの公式はリハビリで良く使う考えになります^_^

posted by モリノキリハビリ at 21:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください