2018年11月07日

糖尿病と変形性膝関節症との関係

すラピオンリハビリセンターです!


糖尿変形性膝関節症に関する報告です!

Ⅰ型糖尿病37,353人とⅡ型糖尿病1,218,254人が対象です!



ちなみに

I型糖尿病➡︎若者に発症。遺伝性。

II型糖尿病➡︎中年以降に発症。生活習慣性。

です!




研究の結果は、Ⅰ型Ⅱ型共に変形膝関節症と相関あり。

つまり、糖尿病の人が変形性膝関節症になりやすい。


​もう一つの結果は、Ⅰ型の非肥満者は変形性膝関節症と関連があるが、肥満者は関連がない。

つまり、I型糖尿病の肥満と変形性膝関節症は関係なし。



Ⅱ型糖尿病は肥満者、非肥満者共に変形性膝関節症と関連があった。

つまり、II型糖尿病の肥満も変形性膝関節症とは関係なし。



​【まとめ】

糖尿病の人は肥満に関係なく、変形性膝関節症になりやすい。



という内部障害と整形外科疾患の話でした!



ちなみに糖尿病と肩関節周囲炎🔥の関連も認められてますよ!



参考までに。



ラピオンリハビリセンターホームページ







posted by モリノキリハビリ at 21:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

膝の次は腰、腰の次は首が痛くなりました…の理由

ラピオンリハビリセンターです。


膝が痛いのが治ったと思ったら、腰が痛くなって、そこが治ったと思ったら首が痛くなって…


なんて具合になかなか万全にならない方が多いと思います!



これは人の身体は無意識にかばう(代償する)為です!



下の写真は石が積んであります!
A3DA53D5-2C97-4160-95B8-F00FBD542DFB.jpg
どこか一箇所の石をズラすと倒れますが、
ズラしたら他もズラせば倒れません!



無意識に重力に負けないようにかばい合うシステムになっている為、
どこか不具合が出ると他の部位に負担がかかり、そこの具合が悪くなるということです。

内臓機能も同じです。
腎臓機能が低下すれば、肺や心臓に負担がかかったりします。


そして、この仕組みは社会も同じなんです!



組織では誰かが欠けると、その分の仕事を誰かがやりますが、その人は負担が増えます。


政治も同じで、防衛費にお金をかけすぎると、医療費や教育費が削られる、とかありますよね。



話を戻すと、
人の身体は無意識に調整されているということですね!

人の身体は素晴らしい(^^)
posted by モリノキリハビリ at 21:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

足部に問題があると転倒しやすい!

ラピオンリハビリセンターです。



転倒に関する文献の紹介です!


2006年のものですが、
足首の柔軟性、
足裏の感覚、
足指の変形、
足部の痛み、
​などの問題がある人は、
ない人に比べて転倒リスクが高いというものです!


これは私の経験としても共感できます!


足首の柔軟性、
足裏の感覚、
は一般の方では分かりにくいかもしれませんが、
足指の変形はわかりやすいです!

外反母趾、
魚の目やタコ、
巻き爪、
がよくみられるものですかね。


これらがある人は転倒要注意です!



posted by モリノキリハビリ at 22:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする